HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

シスメックスとバイエルがオープンイノベーションの共同推進に関して基本合意

2019.03.28

施設の相互利用や人材交流を通したベンチャー企業支援の共同推進を活性化

バイエル薬品株式会社(以下、バイエル薬品)とシスメックス株式会社は、両社が有する経営資源を活用したベンチャー企業支援などを通じて、オープンイノベーションを共同で推進することに合意した。本合意は両社が保有するラボ施設、最先端・高機能な研究機器、ネットワークなどの経営資源を相互に活用し、オープンイノベーションを共同で促進していくことを目的としている。

また、今後両社は、医療関連企業、高度専門病院、研究機関が集積する神戸医療産業都市において、神戸市や公益財団法人神戸医療産業都市推進機構(以下「神戸医療産業都市推進機構」)とも緊密に連携し、革新的な技術やアイデアを持つベンチャー企業を誘致、育成、支援する仕組みを構築することにより、新たな技術やビジネスモデルを創造するライフサイエンス分野のエコシステム形成に貢献していく。

シスメックスは、国内外の研究者とのコラボレーションを推進するオープンイノベーションラボ「Sysmex Open Innovation Lab.(以下「SOLA」)」を中核研究開発拠点テクノパーク(神戸市西区)内に整備するとともに、グローバルなR&D拠点や関係会社のネットワークを通じて、新規の診断アプリケーション開発を中心とした多数の共同研究を実施しており、国内外の医療機関・研究機関とのオープンイノベーションによる独自の診断技術獲得に積極的に取り組んでいる。

ドイツ・バイエル社は、2012年より世界各地で独自のインキュベーション施設「CoLaborator」を開設しており、ベンチャー企業の支援を通じて複数の共同研究に進展する実績を有している。このノウハウを活用し、日本の優れた基礎研究の成果を創薬に結び付けるべく、バイエル社としてアジア初となるインキュベーションラボ「CoLaborator Kobe」を昨年神戸医療産業都市(神戸市中央区)にオープンした。また、今年2月には神戸市および神戸医療産業都市推進機構と、ベンチャー企業の育成・支援等に関する連携協定を結び、神戸医療産業都市における日本独自のベンチャーエコシステムの構築を目指している。

シスメックスおよびバイエル薬品は、「SOLA」および「CoLaborator Kobe」の利用企業が両社のラボ施設や研究機器を相互に利用できる環境の整備や、ベンチャー企業とのR&D人材交流イベントやセミナーの共催などを通じて、診断と治療に新しい価値をもたらす革新的な技術・事業機会の創出に貢献するとともに、神戸におけるライフサイエンス分野のベンチャーエコシステム形成を目指す。

※本資料は、国内の報道関係者の方々を対象に、バイエル薬品の企業活動に関する情報を提供しています。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

PP-GEN-JP-0053-26-05