HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

バイエルが神戸市、神戸医療産業都市推進機構と、
ベンチャー企業の育成・支援の連携協定を締結

2019.02.28

ベンチャー企業の誘致・発掘、人材育成事業化サポート等を力強く推進

バイエル薬品株式会社(以下、バイエル薬品)は、神戸市、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構(以下、「神戸医療産業都市推進機構」)と「神戸医療産業都市におけるベンチャー企業の育成・支援等に関する連携協定」を締結した。本協定は、ライフサイエンス分野を対象としたベンチャー企業の育成・支援およびベンチャーエコシステムの構築に向けた協力体制を構築することを目的としている。

神戸市は、1998年より「神戸医療産業都市」プロジェクトを掲げ、約350を超える企業・団体・研究機関の集積、高度専門病院群の整備等によって、日本を代表するバイオ・メディカルクラスターとして大きく発展してきた。バイエル薬品は今後、神戸市、神戸医療産業都市推進機構とのより緊密な連携の下、ベンチャーエコシステムの構築を力強く推進していくことにより画期的な新薬の創出に貢献していく。

医療用医薬品日本代表のハイケ・プリンツは「日本のバイエルは約100年前、ここ神戸からスタートしました。このたび、神戸において官民一体で将来を見据えた素晴らしい連携協定を結ぶに至ったことを大変うれしく思います。現在、神戸市には研究のためのインフラが充実しており、日本有数の医療産業のコミュニティが形成されています。このような経緯もあり、昨年、バイエル薬品は、ベンチャー企業を支援するインキュベーションラボCoLaborator Kobeを神戸医療産業都市にオープンしました。弊社は今回の提携を通して、神戸の医療産業都市における日本独自のベンチャーエコシステムの醸成、およびイノベーションの創出に貢献していきます。そして、日本初のイノベーションをバイエルを通じた創薬につなげていければと考えています」と述べた。

※本資料は、国内の報道関係者の方々を対象に、バイエル薬品の企業活動に関する情報を提供しています。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

PP-GEN-JP-0055-26-05