HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

バイエルと京都大学が
肺疾患の新薬開発のために研究提携を締結

2019.01.31

治療薬のない特発性肺線維症の創薬標的を特定するために共同研究を開始

ドイツ・バイエル社(以下、バイエル)と国立大学法人京都大学(以下、京都大学)は呼吸器疾患の特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis: 以下IPF)の新しい創薬標的を特定するための戦略的研究提携に合意した。IPFは生命を脅かす慢性疾患で、時間の経過とともに肺の組織が厚く硬くなり、しだいに肺機能が低下する進行性の病気である。肺の線維化につながる要因はこれまでにも示されているが、IPFの直接的な病因は不明である。今回の研究提携の目的は、疾患につながるメカニズムを解明し、創薬標的を特定し、新しい治療法の開発につなげ、肺機能の低下を防ぐことだ。

「外部のイノベーションアプローチを通じて自社研究を補完するという戦略に則り、私たちは肺疾患に苦しむ患者さんのために呼吸器領域において京都大学と共同し、新しい治療オプションを研究していきます」とバイエル社医療用医薬品部門の経営委員会メンバーのヨルグ・メラー博士は述べた。「IPFはアンメットメディカルニーズの高い疾患のひとつです。京都大学との提携によって新しい創薬標的を特定することができれば、患者さんにとって大きな希望を生みだすことができるでしょう」

今回の提携は、京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学の佐藤篤靖助教の専門知識、特にIPFの病因における上皮細胞の役割に関する新しい知見をベースとし、バイエルの創薬および開発分野での専門知識を組み合わせたものである。バイエルと京都大学は新しい創薬標的の特定のための共同研究活動を提携合意のもとで行う。新しい治療オプションを特定する仮説を共同で設定し、その仮説を検証するために人材、インフラ、独自のテクノロジーを双方に提供する。バイエルは提携の成果の独占的使用の選択権を所有する。

京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構(KUMBL)のサポートにより提携成立に至った今回の呼吸器領域における提携は、2014年に締結した京都大学産官学連携本部(KU-SACI)と学部・研究科横断的に共同研究候補主題を探索するための包括提携契約の成果である。

特発性肺線維症(Idiopathic Pulmonary Fibrosis)について

特発性肺線維症は全世界で約500万人が患っている慢性肺疾患です。肺組織の瘢痕化が進行することで、肺機能が低下していきます。その瘢痕組織の形成を線維化と呼びます。肺の組織が厚くなるにつれて、肺から血流へのガス交換の効率が低下していきます。肺の線維化につながる要因はこれまでにも示されていますが、直接的な病因は不明です。そのため特発性肺線維症と呼ばれています。特発性肺線維症の急性増悪とは数日あるいは数週間で症状が急激に悪化することです。急性増悪のリスクを減らすことが特発性肺線維症のすべての患者さんに対する重要な治療目標です。

※本資料は、国内の報道関係者の方々を対象に、バイエル薬品の企業活動に関する情報を提供しています。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

PP-GEN-JP-0054-27-05