HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

第4回世界若者農業サミットを
2019年11月にブラジルの首都ブラジリアで開催を発表

2018.11.01

明日の農業へ続く道を切り開く、次世代の農業リーダーが集結

世界若者農業サミットは、広く世界の若者が農業に目を向けること、さらには農業の未来を担うリーダーの育成を見据えて、クロップサイエンス部門が世界規模で取り組む農業教育プログラムのひとつだ。第4回は、2019年11月4日から6日まで、ブラジルの首都ブラジリアで開催する。今回は、奨学金プログラム等で農業従事者の支援を行う団体「Nuffieldブラジル」と、世界中の国と地域で活動する世界最大級の学生組織AIESECのブラジル支部「AIESECブラジル」の2団体と共同開催する。 若者の農業離れは、今や先進国共通の社会問題となっている。世界人口は、2050年には100億人に迫るところまで急増するとも予測されるなか、農業に従事する次世代の若き農業リーダーが、より明確なビジョン、長期的な視野、柔軟な想像力を備え、世界規模で農業課題に共に取り組み、より有益なソリューションを導き出していくことが、急務となっている。本サミットでは、世界中から選ばれた100人の若きリーダーたちが集まり、現代社会の最も大きな問題のひとつである「いかにして地球レベルで食糧を安定的かつ持続可能な方法で供給していくのか」について話し合い、そのソリューションの創出に挑む。

「自然資源を維持しながら、人口の増加に取り組まなければならない現在ほど、農業のイノベーションが重要な時代はありません」と、ドイツ・バイエル社の経営委員会委員でクロップサイエンス部門代表のリアム・コンドンは語る。「明日のリーダーとして、農業の未来を形成する情熱を持った若者は、こうした取り組みの最前線に立つ必要があります」

本サミットに招聘される参加者は、日本を含む世界中の18~25歳(日本は20~25歳)の農業や食糧問題に高い関心を持つ若きリーダーを対象に募集し、英語による課題動画によって選出。140カ国以上から計2,800名を上回る応募があり、2019年5月、45カ国から100名の参加者を選出したことが発表された。日本においては1名が選出され、本サミットへの参加が決定している。

代表団の情報や本サミットの詳細: www.youthagsummit.com
最新ニュースは、@YouthAgSummitまたはwww.facebook.com/YouthAgSummitに掲載される。