HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

「『キッチンうみ』 透析食レシピコンテスト」受賞作品決定

2018.10.31

おいしくて体にやさしい透析食のレシピ

医療用医薬品部門では、「『キッチンうみ』透析食レシピコンテスト」(募集期間:2018年4月2日~6月29日)の受賞作品5点を決定。受賞レシピを腎臓病患者さんのためのおいしくて体にやさしいレシピサイト「キッチンうみ(https://www.kitchen-umi.jp)」で公開した。

「『キッチンうみ』透析食レシピコンテスト」は、透析患者さんのより良い食生活の一助となることを目的として実施。おいしくて体にやさしいレシピを紹介するサイト「キッチンうみ」を通じ、腎臓病患者さんのために投稿いただいたレシピについて、①栄養価のバランス ②食材や調理方法への工夫 ③彩りや盛り付けなど見た目の工夫 ④調理の手軽さ ⑤経済性の5つの選考基準を基に厳正なる審査を行い、グランプリ1名、準グランプリ1名、佳作3名を決定した。

<グランプリ> 9648さん 「具だくさん南蛮丼」

「今回の献立は、透析を受けていてもおいしく手軽に作れるように工夫しました。栄養価にも気を付けつつ、彩りの良いものを作るのに試行錯誤しました。透析を受けていなくてもおいしく食べられるので、皆さんもぜひ作ってみてください」(9648さん)
作り方⇒https://kitchen-umi.jp/recipe/?recipe-id=61

<準グランプリ> まーちゃんさん 「チキンのオレンジソースがけ」

「献立を考えるにあたり、手軽で簡単に調理できるものを提案させていただきました。オレンジジュースをソースに使用することで、手軽でさっぱりした味付けになるので、ぜひ作ってみてください」(まーちゃんさん)
作り方⇒https://kitchen-umi.jp/recipe/?recipe-id=62

<佳作> 小田内科クリニックさん 「タコライス ドライカレー風」

「タコライスをカラフルなドライカレー風にアレンジしたものです。カレー風味のご飯とシャキシャキレタス、カレー、トマトを混ぜながら食べると、食感や味の変化を楽しむことができます。カリウムが気になる生野菜は、少ない量であっても制限を感じさせないボリュームです。身近な旬の食材を使い、フライパンでできる手軽でおいしい透析食を多くの方に楽しんでいただけたら幸いです」(小田内科クリニックさん)
作り方⇒https://kitchen-umi.jp/recipe/?recipe-id=63

<佳作> harukaさん 「アジフライ~タルタルソースがけ」

「透析患者の方は、さまざまな制限がある食事を取る必要があり、毎食レシピを組み立てることは、非常に大変なことであることを実感いたしました。今回は透析患者、またその家族の方のために、私たちが献立を提案できるとても良い機会でした」(harukaさん)
作り方⇒https://kitchen-umi.jp/recipe/?recipe-id=64

<佳作> 有澤総合病院さん 「なすのさっぱり香味和え」

「塩分を控えながらも、おいしく食べられるような一品を提供したくて考えました。香味野菜や酸味を使って減塩しているのがポイントです。用いた香味だれは、豆腐にかけてアクセントにしたり、唐揚げなどの脂っこい料理にかけてさっぱりさせたり、応用することができます。ぜひ一度お試しください」(有澤総合病院さん)
作り方⇒https://kitchen-umi.jp/recipe/?recipe-id=65

バイエルはこのレシピコンテストを通じて、患者さんやご家族の食生活の悩みやストレスを少しでも軽減し、毎日の食生活が豊かになる環境づくりに寄与したいと考えている。今後もサイト「キッチンうみ」「長寿リン」などを通じて、透析患者さんの毎日の生活を応援するさまざまな情報提供を行っていく。

※本資料は、国内の報道関係者の方々を対象に、バイエル薬品の企業活動に関する情報を提供しています。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

PP-GEN-JP-0056-26-05