HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

理科実験教室「わくわく実験びっくり箱」を
三重県で開催

2018.07.05

大人気の実験「にんじんロケット」に
児童たちから大歓声!

バイエルは、子どもたちの理科に対する興味を高め「理科離れ」対策の一助となることを目指して理科実験教室「わくわく実験びっくり箱」を2003年から15年にわたって毎年実施している。今年は7月5日に四日市市立中央小学校で開催し、5年生の29人が実験に参加した。

「わくわく実験びっくり箱」では、身の回りにある地元の特産品を実験に取り入れている。今回は、四日市の特産品「なが餅」を使って、ヨウ素液をたらして色の変化で見るでんぷんの消化実験や、パンの発酵作用など酵素の働きについて楽しく学んだ。

実験の最後には、全員で体育館に移動、酵素の反応の実験として毎回大人気の「にんじんロケット」の実験を行った。ニンジンにはカタラーゼという酵素が含まれており、すりおろしたニンジンをオキシドールの入ったフィルムケースに入れると、過酸化水素が反応して酸素が発生することを確認する実験。

児童たちはフィルムケースを見るのも初めて。まずケースの開け閉めの練習をしてから、実験開始。床に置いたフィルムケース内で発生した酸素によって、ケース本体が音を立てて飛ぶ様子に、参加した児童から大歓声が上がった。児童からは「他の実験もたくさんしてみたい」「理科は少し苦手だったけれど、この実験をして好きになりました」という感想が聞かれた。