HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

バイエルが「KOBE」から始める
「次のイノベーション」

2018.06.05

国内初のインキュベーションラボ
「CoLaborator Kobe」を神戸医療産業都市に開設

日本最大級のバイオメディカルクラスターである神戸医療産業都市に、外資系製薬企業としては国内初となるインキュベーションラボ「CoLaborator Kobe (コラボレーター神戸)」を6月6日に開設した。バイエルが基本的な実験機器およびオフィス機器を設置し、参加企業が速やかに研究開発を開始できる環境を提供。また、参加企業は近隣の医薬品・医療機器開発業務受託機関(CRO)企業および大学への実験委託などのサービスを優遇して受けられる予定で、「CoLaborator Kobe」で生まれた知的財産権については全て参加企業に帰属。大阪大学発のバイオベンチャー企業である株式会社Epigeneron(http://epigeneron.com/)および京都大学発のバイオベンチャー企業である株式会社マイオリッジ(https://myoridge.co.jp/)が参加。バイエルは、コミュニティーと共にエコシステムの醸成に取り組む。

<CoLaborator Kobe HP>

PP-GEN-JP-0014-08-11