HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

車椅子陸上アスリート // 伊藤智也選手  Vol.1

最高のチームで再び目指す世界の頂点

パラリンピック北京大会で2つの金メダルを獲得、ロンドン大会でも3つの銀メダルに輝いた伊藤智也さん。いったん競技生活から退いたが、5年間のブランクを経て、2017年夏に現役復帰を宣言。2018年2月からはバイエルの社員として、2020年東京大会に向けて厳しいトレーニングを重ねている。

A Soulful Athlete Returns to the Track at 54
Tomoya Ito // Wheelchair Athlete

Shooting for the Top Again, Backed with the Best Team

Tomoya Ito, double gold medalist at the Beijing Paralympics and triple silver medalist at the London Paralympics, announced last summer that he was stepping out of retirement after 5 years to return to the world of wheelchair running. As a Bayer employee since February, he is now training hard for the opportunity to shine again on the track, this time at Tokyo 2020.

自宅に近い四日市の陸上競技場でトレーニングに励む伊藤選手

「専用のマシンをつくるから」と誘われて

――現役復帰はいつ決断したのですか?

伊藤:きっかけは2016年10月にスイスのチューリッヒで開かれたサイバスロン世界大会でした。私は和歌山大でロボット工学を研究している中嶋秀朗教授が開発したRT-Moverという電動車椅子の操縦者として出場したのですが、この会場でRDS社の杉原専務から声を掛けられたんです。初対面でしたがRDS社のことは知っていました。福祉から自動車レース、宇宙まで多彩な分野で先端的な製品の研究開発や製作を行っている会社です。今年のパラリンピック冬季大会で活躍した村岡桃佳さん、森井大樹さんのチェアスキーの開発も手掛けています。杉原さんが「伊藤さん、うちでマシンをつくります。もう一度走りませんか?」とおっしゃるんです。びっくりしました。なにしろ私はロンドン大会以来、まったく走っていません。トレーニングもしていない。レースをする体が取り戻せるかどうか自信がありませんでした。帰国後も杉原さんとお話しをして、3カ月間トレーニングをして、もう一度スタートラインに着けそうならやってみようと思いました。自分の体にフィットしたマシンを最先端の技術を駆使してつくってくれるなんて、夢のような話ですからね。

――トレーニングを再開していかがでしたか?

伊藤:ひどかった(笑)。100m進むのに40秒くらいかかりました。レースのタイムの倍です。しかしトレーニングを重ねていくうちに2017年の春頃にはだいぶ走れるようになって、これならいけそうだと思いました。

It Began with a Suggestion of a Custom-Built Machine

―What made you decide to get back into competition?
Ito: It all goes back to the Cybathlon in Zurich in October 2016. I took a part as the pilot of the RT-Mover, an electric wheelchair developed by Prof. Shuro Nakajima of Wakayama University who is the specialized in robotic engineering. There, I was approached by Anri Sugihara, Senior Managing Director at a company called RDS. Though I had already heard of the company, it was my first time to meet him. RDS researches, develops, and manufactures advanced products for many different fields, such includes mobility assistance, automobile racing, and even outer space. In fact, it was them who designed the sit-skis used by Momoka Muraoka and Taiki Morii at this year’s PyeongChang Winter Paralympics. Anyway, Sugihara said, “We’ll make a machine for you, so would you try running again?” It was a total surprise for me. I hadn’t run since London, yet not even worked out at all. I wasn’t even sure whether I could get my body back into racing form. After returning to Japan and having another talk with Sugihara, I decided to give it a try if three months of training got me into reasonable shape to get into serious competition again. As a matter of fact, it sounds like a dream to have a custom built machine to fully conform with my body with leading-edge technology.

―How was your return to the track?
Ito: A nightmare (grins). It took me 40 seconds to run 100 meters. That’s double my race time. But, I kept working at it and by spring 2017 I reached the point where I could build up a pretty good mark. So, I thought that I just might have a fighting chance.

2018年2月にバイエル入社。愛用のマシンにもバイエルのロゴが貼られている

社員としての緊張感を持ちながら

――2018年2月にバイエルに入社されました。社員として活動するのは初めてですね?

伊藤:はい。プロのアスリートとして活動する場合、道は2つあります。ひとつは、企業にスポンサーになっていただくこと。もうひとつは社員として雇用されることです。ロンドン大会までは「プロアスリート」ということにこだわりがあって、特定の企業に所属するというより、スポンサーになっていただくという道を考えていました。しかし、いったんレースから離れたこともあって、今は応援していただけるなら、と素直に思えるようになりました。むしろ社員という立場に魅力を感じています。スポンサーになっていただく場合と異なり、社員としての稼働時間をトレーニングに充てて自分を律することが求められるし、緊張感もある。企業活動を通してお給料をいただいているという自覚も生まれ、絶対に無駄にしてはいけない、という気持ちが強くなりました。私たちアスリートは基礎トレーニングを欠かさない日はないのですが、社員になって週末の休日がちょっとうれしく新鮮です(笑)。

Being an Employee Creates a Positive Sense of Pressure

―You joined Bayer in February. This is your first time to pursue your athletic career as a company employee, isn’t it?
Ito: Yes. There are basically two paths you can take to get by as a pro athlete. One is to receive corporate sponsorship. The other is to be employed by a company. Up to the London Paralympics my ideal as a “pro athlete” was to run on corporate sponsorship rather than become an employee of a particular company. Having come back from retirement, however, I’ve embraced the employment route as a way to get the encouragement that I need to compete. In fact, the idea of competing as an employee is rather appealing to me. Unlike the sponsored approach, being an employee means that I’m expected to use my time on the clock to start training and get myself into shape, so there’s this sense of pressure to do my job. The realization that I’m getting paid to contribute to the company gives me a stronger feeling that I can’t waste time, no matter what. What’s more, there isn’t any day that you can skip your basic workouts if you’re an athlete, but now that I’m an employee, I admit that the weekend is a refreshing little joy for me.

今年、来年……2020年東京大会までの目標をひとつひとつクリアしていく

パラスポーツは人とマシン一体の戦い

――マシンの製作も進んでいるんですね。

伊藤:オールカーボン製で細部まで私の体と一体になるものです。ここまで徹底したオーダーメイドマシンの製作は世界でも初めてだと思います。

――自動車のF1レースのような感じですね。最高のマシンをドライバーが巧みに操り、総合力で最高のパフォーマンスを発揮する。

伊藤:マシンを使うパラスポーツは、そういう面があると思います。私の感覚では人が3、マシンが7というくらいの比率です。そのくらいマシンの存在は大きい。健常者の陸上競技とは違うんです。F1レースでも、レースのために開発されたさまざまな技術や機能が一般車にフィードバックされて安全性の向上に貢献する。車椅子も同じなんです。パラスポーツで機械を否定したら車椅子の開発スピードが落ちる。今度の開発でも、私が自分のスタイルに固執して開発側から出されてくるものを乗りにくいと否定したら進歩が止まります。私がマシンに体を寄せていくというアプローチが必要なんです。そういう意味でも、今回の取り組みは今までとはまったく違うもので、自分にとっても新たなチャレンジだと思っています。

In Para Sports, the Athlete Becomes One with the Machine

―We hear that your new machine is getting progressed.
Ito: It’s an all-carbon design built to conform with every part of my body, so that I can be one with the machine. I don’t think the world has ever seen a racing wheelchair custom built with such precision.

―That sounds like F1 racing, where the driver skillfully operates a top-of-the-line machine so that together they can deliver their best performance.
Ito: I think that’s something you see in para sports that use machines. From my experience, I’d say that track performance is 30% athlete and 70% machine, so the wheelchair has a huge role to play. It’s a different world compared with able-bodied track and field. And, there’s another similarity with F1 racing—the various technologies and functions developed for the F1 race cars are often translated into safety improvements for regular automobiles, and this can also apply to wheelchairs. If we were to take machines out of para sports, then the evolution of wheelchairs would slow down. Take the project we’re working on, for example; If I were to reject the developers’ design simply because I was obsessed with my own style, then no advances would be made. So, I see the need for an approach where I conform my body to the machine. In that sense, the project is different from everything I’ve done before. It’s a totally new challenge for me.

マシンとどこまで一体になれるか。最も空気抵抗の少ない姿勢を探り続ける

アジア大会、さらに来年の世界選手権をステップに

――2020年の東京大会に向けて、どんなスケジュールを想定していますか?

伊藤:今年の7月に関東パラ陸上競技選手権大会、10月にインドネシア・ジャカルタで開かれるアジアパラ競技大会があります。これに出場することが当面の目標です。そこで成績を残して来年の世界選手権につなげていきたいと思っています。並行して、マシンの完成度をどんどん高めていきます。2020年東京大会では、100m、400m、1500mが正式種目に決まりました。400mは間違いなくエントリーしますが、100mはパワー、1500mは持久力の勝負で、対照的な種目です。練習方法もまったく異なるので、どちらに寄せていくかを探っていきながら、練習メニューもそれに合わせて変えていくつもりです。私は間もなく55歳で東京大会のときは57歳になります。体は年を取ったけれど、学んだことも多い。メンタル面はかつてなく充実しています。残り2年間、しっかりと歩みを進めていきたいと思っています。

One Step at a Time: First the Asian Games, then Next Year’s World Championships

―What sort of schedule do you have in mind for the road to Tokyo 2020?
Ito: Coming up this year are the Kanto Para Athletics Championships in July, followed by the Asian Para Games in Jakarta in October, so my immediate goal is to compete in both of those games. I hope that I do well enough in them to move on to the World Para Athletics Championships next year. Meanwhile, we’ll continue working on perfecting our machine. As for Tokyo 2020, the 100-, 400-, and 1,500-meter wheelchair races have been selected for the official program. I’m sure to enter the 400-meter, but I need to make a choice between the other two because they’re different battles—the 100 is all about power, while the 1,500 is a challenge of stamina. So, they require completely different styles of training. I’ll have to figure out which style I should focus on and then adjust my training menu accordingly. I’ll be turning 55 soon, which means I’ll be 57 at Tokyo Paralympic games. My body may be older, but I have learned a lot, so I’m much more mentally prepared now than ever. In the two years until Tokyo, I’m going to work hard to make solid progress in my training.

PROFILE // 伊藤智也

1963年、三重県生まれ。従業員200人を超える人材派遣会社を経営していたが、1998年に多発性硬化症を発症し車椅子生活に。翌年から車椅子陸上競技を開始し、数々の記録を樹立。2005年に障害者で唯一、ギリシャのマラソン博物館殿堂入りを果たした。2008年の北京では400m、800m共に世界記録で金メダルを獲得、2012年ロンドンでは200m、400m、800mで銀メダルを獲得したのち、引退。2017年夏、現役選手として復帰。2018年2月、バイエル薬品株式会社入社。

「髪を染めるのは止めました」と笑顔で語る伊藤選手。今の自分に素直に向き合いながら自分らしく戦っていく

Tomoya Ito was born in Mie in 1963. He formerly ran a temp service with over 200 employees, but retired after developing multiple sclerosis and becoming dependent on a wheelchair in 1998. In the following year he took up wheelchair racing. He began building up a string of new records and became the only para athlete to be featured at the Marathon Run Museum in Greece (2005). He captured two gold medals at the 2008 Paralympics in Beijing with record-setting performances in the 400- and 800-meter events, and added three silvers in 2012 from the 200-, 400-, and 800-meter races at the London Paralympics. He retired from wheelchair racing in 2012 but returned to the track last summer. He became an employee of Bayer Yakuhin in February.