HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

Report

「かがやきスクール」の授業風景

人々の健康と公衆衛生に寄与するために

バイエルでは、医薬品の開発や製造、販売にとどまらず、患者さんが最適な治療にアクセスできるよう、情報の提供や、環境の整備を支援することも重要な役割と考えている。そして、患者団体や自治体、地域医療に関わる方々とともにさまざまな活動に取り組み、病気の予防や早期発見の啓発、ソリューションの提案、健康教育の支援などを行っている。

地域医療に携わる方々への情報提供、脳卒中や眼疾患の予防啓発、特定健診の受診促進、患者団体との協働によるセミナーやワークショップの開催、高校生への健康教育支援「かがやきスクール」などその活動は多岐にわたる。特定健診や眼疾患の理解向上を目的とした取り組みでは、「啓発資材作成サイト」を通じて、啓発資材を作成・ダウンロードできるプラットフォームを自治体向けに提供。「かがやきスクール」では、高校生向けに女性特有の病気やライフステージの変化について理解してもらう講師派遣授業を実施している。

啓発・支援活動のWEBページを開設

2019年2月、こうした啓発・支援活動の情報をまとめたWEBページが設けられた。人々の健康と公衆衛生に寄与し、患者さんとそのご家族の満たされない願いに応えていくことを使命として、バイエルは正しい情報の発信と、啓発・支援活動を続けていく。

バイエル薬品株式会社
啓発・支援活動URL

https://byl.bayer.co.jp/collaboration/

PP-GEN-JP-0057-02-06