HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

挑戦し続ける姿勢をスポーツで発信する

150年以上のバイエルの歩みは、たゆまぬイノベーションの歴史でもある。その幾重にも連なる挑戦の継続が、バイエルの強みとなっている。バイエルはスポーツの世界でも日々研鑽を積み、挑戦を続ける選手たちを支援している。バイエルに所属し、パラスポーツの第一線で活躍する3人の選手を紹介する。

Bayer Supports People to Keep Challenging in Sports

For over 150 years, Bayer has boldly taken on new challenges in its never-ending pursuit of innovation. Today, that spirit remains one of our greatest strengths and is something that we encourage in many aspects of life, including sports. Bayer proudly supports diverse athletes who challenge themselves to be the best, people like TSV Bayer 04’s Markus Rehm and Tomoya Ito in Japan. Last year, we brought these two Paralympians together to hear their thoughts on the attraction of para sports, the pride of being a Bayer athlete, and more.

さかのぼること100年余、バイエルは社員の福利厚生のためにスポーツクラブを立ち上げた。設立の1904年にちなんで「バイエル04」と名付けられたこのクラブは、今やサッカー・ブンデスリーガの「バイエル04レバクーゼン」を含むプロスポーツ、青少年、さまざまなステージのプレーヤーを支援している。1950年に設立された初の障がい者スポーツチーム「TSVバイエル04」には、現在300人のパラアスリートが所属。これまでに獲得したパラリンピックメダルは82に上る。昨年、「TSVバイエル04」所属のマルクス・レーム選手と、日本のバイエル所属の伊藤智也選手の対談が実現した。パラスポーツの魅力と、世界で戦うアスリートとしての誇り、バイエルに対する思いを二人に聞いた。

Profile
マルクス・レーム選手
1988年、ドイツ生まれ。14歳のとき、ウェイクボード練習中の事故で右足の膝下を切断。ロンドンとリオのパラリンピックの走り幅跳びで2連覇を達成。現在、8m48cmの世界記録を持つ。陸上男子400mリレー(リオ)でも金メダル。

伊藤智也選手
1963年、三重県生まれ。1998年に多発性硬化症を発症し車椅子生活となる。北京パラリンピックでは400m、800mで金メダル。ロンドンでは200m、400m、800mで銀メダルを獲得し、現役を引退。2018年に復帰した。

Markus Rehm
Born in Germany in 1988. After a water-sport accident at the age of 14, Markus’ right leg was amputated below the knee. Thanks to a carbon-fiber bladed prosthesis Markus set off on an inspiring sporting career as a long-jumper and sprinter. At Paralympic Games he won long-jump gold medals in 2012 and 2016 and a gold medal as a member of the 4x100 meter relay team in 2016. He currently holds the world disability record in long jump (8.48 m).

Tomoya Ito
Born in Mie Prefecture in 1963. In 1998, he developed multiple sclerosis and became reliant on a wheelchair. He won gold medals in the 400- and 800-meter wheelchair races at the Beijing Paralympics, followed by the silver at the 200-, 400-, and 800-meter events at London. After retiring for several years, he returned to wheelchair racing in 2018. He became an employee of Bayer Yakuhin in 2018.

――パラリンピックでは金メダルを獲得し、トップアスリートとして活躍するお二人ですが、パラスポーツとの出合いはどのようなものだったのですか。

マルクス・レーム選手(以下レーム):私は子どものときに陸上競技をしていて、その後、ウェイクボードに熱中していました。そこで事故に遭ってしまったのですが、その後も、義足を着けながらいろいろなことにチャレンジしていたんです。例えばトランポリンとかね。あるとき「バイエル04レバクーゼン」に行く機会があり、初めて競技用の義足を着けて走りました。再び風が顔に当たるという感触を味わえたことが一番印象的で、陸上競技をやろうと決意しました。走り幅跳びは未経験でしたが、初めて跳んでみたときに、ドイツ国内の記録を超えていると言われ、適性があるのかなと感じました。

Photo by Mika Volkmann

伊藤智也選手(以下伊藤):私の場合は、間違えて競技用の車椅子を買ってしまったというのがスタートなんです。発病して入院1年ほどたったときに、初めて車椅子を選びました。カタログで一番かっこいいのを選んだら、それが陸上競技用だったんです。普通の車椅子も必要だけれど、せっかくだからこれで走ってみよう、という気持ちで始めました。試しに病院の周りを走ったら、自転車の人を追い抜いちゃったんですね。これは面白いかもしれない、と思って本格的にトレーニングをするようになりました。

Both of you are top athletes who have won gold at the Paralympics. What brought you to the world of para sports?

Rehm: I did track and field when I was a kid, and in my teens I developed a passion for wakeboarding. That’s when I had an accident that required a partial leg amputation. But I wanted to keep physically challenging myself with the help of a prosthetic, such as jumping on a trampoline. I happened to have a chance to go to Bayer 04 Leverkusen, which is where I got to run with a prosthetic blade for the first time. The feel of the wind on my face again was unforgettable—and that experience made me decide to become a track and field athlete. I hadn’t done the long jump before, but on my first jump I ended up breaking the German record. So, I thought I just might have a talent for that.

Ito: My start came when I mistakenly bought a racing wheelchair. After about one year of being in hospital after developing multiple sclerosis, I decided to order my first-ever wheelchair. I picked the coolest one in the catalog, which I didn’t know was a racer. I still needed a regular wheelchair, but instead of returning the racer, I figured I’d give it a try. When I tested it outside the hospital, I found I could overtake people on bicycles. It was a lot of fun, and so I decided to start training seriously.

金メダリストとしての誇りとビジョン

――お二人はパラリンピックで金メダルを獲得されました。世界一を手にしたときの感想や思いを教えてください。

伊藤:個人的には、ただただうれしいということに尽きます。それまでの努力だけではなく、私をサポートしてくれたすべての人にやっと恩返しができたという意味で本当にうれしかった。同時に、その瞬間から金メダリストとしての責任がスタートしました。

レーム:最初に金メダルを取ったとき、表彰台の一番高いところに上がって、国歌が流れ国旗が掲揚され、家族や友達が誇らしげな表情で手を振りながら泣いている。一人ではここまで来られなかった。さまざまな感情があふれて、人生で初めてというくらい感動的でした。

――レーム選手が記録を更新するたびに、「パラリンピアンがオリンピアンを超えた!」「オリンピックに出場する可能性は?」など、大きくメディアでも報道されます。

レーム:オリンピック出場は、非常にチャレンジングなことではあります。ただ、その前にひとつ重要なことをお話しさせてください。それは、私にとって一番の誇りは、パラリンピアンであることです。私が「パラリンピックより、オリンピックを目指している」などと、記事に書かれてしまうこともありますが、私が「オリンピックに出たい」と発言する真意は、パラリンピックとオリンピックの垣根をなくしたいということなのです。

私には、ひとつの夢があります。オリンピックとパラリンピックを融合させるというビジョンです。例えば4×100メートル走のリレー選手のうち2人がオリンピック選手、2人がパラリンピック選手という新しい競技が、オリンピックの閉会とパラリンピックの開会をつなぐことができたらいいなと思っています。最終バトンとして聖火のトーチを受け取ったパラリンピックの選手が、聖火台に火をともしたことを合図にパラリンピックが始まるという形にできないかなという夢です。もしそれを見届けることがかなったら、私はスタジアムで観客の一人として涙を流すでしょう。

伊藤:私も一緒に泣きたいですね。パラリンピックとオリンピックの懸け橋になれる、そういう夢に一番近いのがレーム選手です。レーム選手が、パラリンピアンであることを誇りに、そしてすべてのパラアスリートをリスペクトしていることを、非常にうれしく思います。同じ舞台で戦う人間として、そして同じバイエルに所属する仲間として、あなたのことを励みに競技に邁進できます。

How did it feel when you won your gold medals and stood on top of the world?

Ito: On a personal level, I was just really happy—not just because all my hard work had paid off, but also because winning was a way to thank all the people who supported me. And from that moment on, I felt a strong sense of responsibility as a gold medalist.

Rehm: The first time I won gold and stood on the highest podium, I could see my family and friends proudly waving at me with tears in their eyes as the German flag was raised and our national anthem played. I thought to myself, “I didn’t make it this far on my own.” All sorts of emotions swept over me. It was the first time in my life that I had experienced such a moving moment.

Markus, every time you set a new record, the media gives you lots of coverage and writes things like “A Paralympian has beaten Olympians” or “Might Rehm have a shot at the Olympics?”

Rehm: I think it would be a tremendous challenge to compete in the Olympics. But, there’s something important I want to stress—my biggest source of pride is being a Paralympian. Sometimes I’ll see articles saying things like “Rehm is more interested in getting into the Olympics than competing as a Paralympian,” but the real reason why I say I want to be in the Olympics is that I want us to break down the wall between it and the Paralympics. My dream is to fuse together those two worlds. For instance, we could create a new event that would link the closing of the Olympics with the opening of the Paralympics. I’m thinking of a 4 X 100-meter relay where each team has two Olympians and two Paralympians, and the final runner would be a Paralympian who carries a torch instead of a baton and uses it to light the cauldron and signal the start of the Paralympics. I think that if this dream comes true, I’ll be there in the stadium audience at that moment, shedding tears of joy.

Ito: And I’ll be crying next to you. I think that you, Markus, are the only one now who can really become a bridge between the Olympics and Paralympics, the one who is closest to making that dream a reality. I’m very happy knowing that you are proud to be a Paralympian and respect all para athletes. As someone who competes on the same stage as you, and as a fellow Bayer colleague, I can receive inspiration from you and use it as a source of power in my own races.

アスリートとして大切にしているもの

――長くアスリート生活をされていると思うのですが、結果を出すためにアスリートとして大切にされていることを教えてください。

伊藤:プロとしてトレーニングをするということが仕事になるわけですけれど、自分ひとりでレースができるわけではありません。それを支えてくれている環境にどれだけ感謝ができるか。そこから湧いてくるファイティングスピリットを大切にしています。

レーム:モチベーションを保ち続け、より良いトレーニングを毎日行っていくということが非常に大事だと考えています。結果はもちろんですが、常に限界を追いかけている姿を見てもらいたい、ということも私のモチベーションの一部です。そして若い世代にパラスポーツの魅力を伝えていくことが私の役割だと思っています。

――パラアスリート、パラリンピックの競技を観戦する一般の方に、こういうところを見てほしい、というポイントがありましたら教えてください。

レーム:まずはパラスポーツを見てほしい、もっと観戦してほしいと思っています。パラスポーツは近年レベルが高くなっていて、素晴らしいアスリートがどんどん出てきています。その背景にはさまざまなストーリーがありますので、ぜひもっとたくさんの人に、パラスポーツを楽しんでもらえたらと思っています。

伊藤:まったく同感ですね。付け足すことがあるとするならば、パラスポーツに取り組む選手たちが、競技能力に関係なく、そのスタートラインに着くまでにどのようなことを乗り越えてきたのか、少しでも想像してもらえると、一人一人の努力の濃さとか、その成果の素晴らしさを理解してもらえるのではないかと思います。

Both of you have had relatively long athletic careers. What things do you think are important for achieving the results you seek as athletes?

Ito: Basically, my job is to train as a pro athlete, but I remind myself that I can’t take part in races all on my own. I have to be very grateful for being given an environment that enables me to train and compete. And so I really embrace the fighting spirit that wells up from that sense of gratitude to others.

Rehm: I think it’s very important to stay motivated and try to take my training to a higher level every day. Striving towards the results I want is, of course, part of my motivation, but I’m also motivated by the desire to show others a person who is constantly pushing himself to the limit. And I also think it’s my duty to communicate the appeal of para sports to younger generations.

When it comes to watching para athletes and the Paralympics, what in particular would you like the general public to see?

Rehm: First of all, I’d like people to watch para sports more often. The standard of para sports has risen in recent years, and we’re seeing the emergence of more and more outstanding athletes. There are all sorts of stories behind them, so I think it would be great to have a lot more people enjoying para sports.

Ito: Exactly. And I’d like to add that if the general public would try a little harder to imagine all the obstacles that a para athlete needs to overcome just to get to the starting line, regardless of competitive ability, then they would better understand just how hard each athlete works and just how wonderful his or her achievements are.

バイエルクロスを胸に共にもり立てていく

――バイエルに所属する選手として感じるものがありますか?

レーム:ドイツには「胸にバイエルクロスを載せて」という意味のハッシュタグ「#」があります。私はバイエルのアスリートであることをとても誇りに思っています。バイエルはパラスポーツだけでなく、さまざまなスポーツを幅広く支援しています。その支援に応え、私たち選手は精一杯努力し、成果を出していくことで、双方向で共にもり立てていきたいと思っています。

伊藤:私は2018年の2月から仲間に入れていただきました。バイエルはドイツで長い歴史があり、そのなかでスポーツ文化も育んできた。そのことを受け止め、そしてその期待に応えていきたいと思っています。バイエルの一員であるということを誇りに、また社員の皆さんが私を誇りに思っていただけるような成績を目指して、精一杯努力していきます。

レーム: 2020年の東京大会では、ぜひ応援してください。スタジアムで皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

How does it feel to be Bayer athletes?

Rehm: In Germany we have a hashtag that says “With the [Bayer] Cross on your chest.” I’m very proud to be a Bayer athlete. Bayer supports a wide range of sports, not just para sports. I think that we Bayer athletes should work hard and deliver achievements that repay that support we receive—and in doing so we could fire up our Bayer supporters and be fired up by them in return.

Ito: I joined Bayer in February 2018. Bayer’s history in Germany goes far back and includes many efforts to foster sports culture. I really respect that heritage and I want to live up to the expectations that Bayer has for its athletes. Driven by my pride in being a Bayer employee, I want to do my best to achieve results that will make my colleagues proud of me.

Rehm: Please cheer for us at the 2020 Tokyo Paralympics. I look forward to seeing many of my colleagues at the stadium!


夢の舞台での活躍を誓う若きスピードスター
車いすラグビー/小川仁士選手

僕はのめり込んでいくタイプ
持てる時間を練習に注ぎたい

車いすラグビー日本代表候補の一人として強化選手にも指定されている小川仁士選手。2018年4月にバイエルに入社した。今年の春から日本代表のエース池崎大輔選手が発起人となり立ち上げたチーム「TOKYO SUNS」に移籍し、試合への出場機会も広がった。

小川選手が車いすラグビーに出合ったのは6年前のことだ。

「僕が事故で障がいを負ったのが2012年の11月で、車いすラグビーを知ったのが翌年、リハビリをしているときでした。もともと球技が好きだったので、やってみたいと思いました」

間もなく、強豪チーム「BLITZ(ブリッツ)」に加わり、最初はアマチュア選手として競技生活を送っていたが、その後ある企業に就職、週2日の勤務をしながら練習を続けていた。しかし、できることなら出勤日の2日間も練習に使いたいと思ったという。

「僕はのめり込んでいくタイプなんです。そういう環境を与えてくれる企業はないだろうかと探して、出合ったのがバイエルでした。バイエルは、僕が必要とするだけの練習時間をくれたんです。とてもうれしかったです」

東京大会、そしてパリ大会も視野に

小川選手の目標は、もちろん日本代表チームの一人として東京大会に出場し、メダルを獲得することだ。

「スピード、パワー、パスの3つをもっと鍛え、海外の選手と互角に戦うために体重も増やしたいと思っています。東京大会は目の前の一番大きな目標ですが、その後のパリ大会やロサンゼルス大会にも出たい。そのためにバイエルの社員である今の環境を生かして、より一層トレーニングに励みたいです」

小川選手のますますの活躍を応援したい。

Profile
小川仁士選手
2012年、18歳で出場したモトクロスのレース中の事故により頸椎を損傷。胸から下と手の指の麻痺という後遺症を負った。その後車いすラグビーに出合い、日本代表の強化選手に指定され活躍を続けている。

What's Wheelchair Rugby?

車いすラグビーとは?

四肢麻痺者たちが、チーム・スポーツを行う機会を得るために1977年にカナダで考案され、欧米では広く普及している車いすによる国際的なスポーツ。1996年のアトランタパラリンピックでデモンストレーション競技として初登場し、2000年のシドニーパラリンピックから公式種目となる。日本では1996年に正式に競技が紹介され、1997年に日本車いすラグビー連盟が設立された。日本代表チームは2016年のリオデジャネイロパラリンピックでオーストラリア、アメリカに次ぎ銅メダルを獲得した。

競技について

競技には、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケー等の要素が組み合わせられており、バスケットボールと同じ広さのコートで行われる。車いすは、ハードな競技の使用に堪え得る専用の車いすを使用。車いすには、相手の車いすを止めるためのバンパーや、相手の車いすから逃れるためのウィングが取り付けられている。ボールは公式専用球(バレーボール5号球を基に開発されたもの)が使用され、パスまたは膝の上に置かれてゴールまで運ばれる。ルールの規定内であれば、あらゆる方向にパスすることが可能で、投げたり、打撃をしたり、転がしたりして運ぶことができる。ボールを膝の上に置いて運ぶ場合は、10秒以内に1回のドリブルを行う必要がある。試合時間は1ピリオド8分で合計4ピリオド。

試合人数
試合は4対4で行われ、選手交代に人数制限はない。選手にはそれぞれ障害の程度によって持ち点がつけられており、4人の持ち点の合計がルールで決められた点数以下になるようにチームを編成しなければならない。
車いす
競技用の車いすには、大きく分けて攻撃型と守備型の2種類がある。攻撃型は、細かいターンや動きができるようにコンパクトにできている。守備型は、相手の動きを止めるために突き出したバンパーが特徴。
ボール運び
ボールを所持している選手は膝の上にボールを乗せて車いすを何回こいでも構わないが、10秒以内にドリブルまたはパスをしなくてはいけない。一般のラグビーと違い、前方へのパスも認められている。
タックル
車いすラグビーでは車いす同士のタックルが認められている。だが、タイヤの中心より後ろへのタックルはルールで禁止されている。競技中は手でほかの選手の車いすや体に触れることは反則となる。

イラスト/ 横濱義塾
出典・協力/ 日本車いすラグビー連盟  https://jwrf.jp/

Read more