HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

生産者、消費者そして地球のために農業を形成する

2018年第2四半期、ドイツ・バイエル社(以下「バイエル」)は、米国・モンサント社(以下「モンサント」)の買収を完了し、8月から両事業の統合という新たな段階に入った。モンサントの買収によって、ハイレベルな革新的強さ、強力な製品ポートフォリオならびにパイプラインが統合され、リーディングカンパニーとして農業の未来を形成していく。

Bayer completed its acquisition of Monsanto in the second quarter of 2018 and began integrating the two businesses from August. The goal is to join their advanced innovative power and robust product portfolios and pipelines to define the future of agriculture as the leading company in the industry.

世界が直面している課題

安全な食糧を将来にわたって供給するために、農業はさまざまな課題に直面している。2050年には地球上の人口が100億人近くに増加すると予測されている中、すでに約8億人の人々が飢餓に苦しんでいる。同時に、土地の侵食や塩害、また都市の拡大の結果として耕地面積が縮小し、急激な気候変動も農業にとって深刻な課題となっている。例えば、地球の気温が2℃上昇すると、小麦の生産量は約8%減少する。つまり、将来的に質が高く十分な食糧を手頃な価格で供給するには、多大な負担が必要になってくるということだ。国際連合食糧農業機構(FAO)の試算によると、2012年の収穫量と比較して、2050年までには約50%以上収量を増やさなければならないとしている。私たちは少ない資源から多くを生産しなければならないのだ。さらに先進国に共通する問題として、農業従事者の高齢化が挙げられる。このことは後継者不足につながり、このままでは農業生産システムは持続可能とはいえない。

私たちは農業の新時代に入りつつある。そこには地球全体の大きな課題があり、新しく持続可能なソリューションとテクノロジーによって、生産者がより少ない労力で多くを生産することが求められている。しかしながら、課題に応えるためのイノベーションには多くの時間と費用が不可欠だ。例えば、新しい作物保護製品の開発には、平均2億5千万ユーロの費用がかかり、市場で承認に至るまでには通常10年から14年という長い年月が必要となる。このために、農業におけるノウハウと資源の共有は重要だ。

イノベーションの創出

バイエルによるモンサント買収完了で、二つの異なる事業が高度に補完しつつ統合していく。年間約24億ユーロ(農業業界の中で最高レベル)の研究開発予算が試算され、業界をリードしてきた両社のイノベーション能力、ならびに研究開発のプラットフォームが組み合わされていく。バイエルは、この統合によってさらに多くのイノベーションを迅速に提供することが可能になる。このことは特定規模の農業を対象にしたことではない。バイエルは、生産者や消費者に自由な選択肢と多様性を提唱している。食糧問題を解決する鍵となるのは、世界で5億以上の小規模農家だ。なぜなら世界中の食糧の半分は、彼らが供給してくれているからである。バイエルの目的は、生産者にさらに強力なソリューションを提供し、次世代の農業のために業界をリードするイノベーション原動力を創出することだ。大規模農場から小規模農家まで、あらゆる顧客の問題を解決する包括的なアプローチで、これからも農業が直面する巨大な課題に取り組んでいく。

Shaping Agriculture to Benefit Farmers, Consumers and Our Planet

Agriculture faces major challenges to its ability to supply safe food into the future. The global population is forecast to grow to nearly 10 billion by 2050, yet some 800 million people already suffer from hunger today. At the same time, the area of arable land is shrinking, due to soil erosion, salinity, and increasing urbanization. Rapid climate change, too, is presenting significant challenges for agriculture. And, the aging of the farming population is another issue that affects all developed countries. As things stand, without enough successors, our agricultural production system is not sustainable.

We are entering a new era of agriculture. Farmers around the globe will have to produce more with less labor by using new, sustainable solutions and technologies. However, the development of a new crop protection product costs around EUR 250 million on average, and it generally takes considerable time, 10 to 14 years, from the first laboratory test to marketing authorization. Pooling of know-how and resources in agriculture is therefore very important.

With Bayer’s acquisition of Monsanto now complete, the focus is on seamlessly integrating the two differing but highly complementary businesses. The annual research and development budget of EUR 2.4 billion is the highest R&D budget of any company in the agricultural industry. This, along with the combination of the two industry leaders’ innovation capabilities and R&D platforms, will enable Bayer to launch more innovations more quickly. We will comprehensively provide powerful solutions to farms of all sizes and create industry-leading innovative power for the next generation of agriculture. In so doing, we will help farmers to overcome the challenges lying ahead so that they can sustainably supply the growing global population with safe and affordable food.