HERMONY日本のバイエル企業広報誌

BAYER

日本バイエル代表にトーマスペーター・ハウスナーが就任

ドイツ・バイエル社で戦略本部長を務めていたトーマスペーター・ハウスナーが2018年8月1日付で日本バイエル代表に就任した。二度目の日本での勤務となる同氏に、就任してからの印象を聞いた。

Dr. Thomas-Peter Hausner, formerly Head of Strategy for Bayer AG, took over as Senior Bayer Representative for Japan on August 1. This marks Dr. Hausner’s second assignment to Japan. We asked him to describe his first impression in Japan.

日本バイエル代表
バイエル ホールディング株式会社代表取締役社長
トーマスペーター・ ハウスナー

1990年にドイツ・バイエル社に入社。2005年バイエルヘルスケアジャパンCAO兼 バイエル薬品株式会社 経営企画本部長 (日本)、2009年バイエル ヘルスケア社 医療用医薬品 グローバルコントローリング責任者(ドイツ)、2011年インドネシア・バイエル社およびインドネシア・バイエルマテリアルサイエンス社 代表、2014年ドイツ・バイエル社 コーポレートファンクション/戦略本部長を経て、2018年8月より現職。

Dr. Thomas-Peter Hausner
Senior Bayer Representative for Japan,
President and Representative Director, Bayer Holding Ltd.

In 1990, Hausner joined Bayer. In 2005, he was appointed Chief Administration Officer for Bayer Healthcare in Osaka, Japan. In 2009, he became Head of Pharma Global Controlling in Berlin. Thereafter, he has been the President Director / Senior Bayer Representative for PT. Bayer Indonesia and PT. Bayer MaterialScience Indonesia in 2011. In 2014, he was appointed Head of Strategy of Bayer AG. In August 2018, he took up his current position as Senior Bayer Representative for Japan and President of Bayer Holding Ltd.

日本バイエル代表への就任をうれしく光栄に思います

――日本バイエル代表に就任されて数カ月がたちました。感想をお聞かせください。

ドイツ・バイエル社経営委員会から日本の代表として任命されたときは、本当にうれしく、また光栄に思いました。私は2011年から3年間、インドネシア・バイエル社で代表を務めていましたので、一国のバイエル代表の仕事がどういったものか理解しているつもりです。さらに、私は2005年から約3年間大阪に赴任していたのですが、そのとき一緒に仕事をしていた懐かしい仲間とも再会することになりました。そして、各部門やカントリー・プラットフォームのあらゆる社員たちと話してみて、皆さんが歓迎してくれていると感じ、うれしく思っています。

課題に取り組み、好機を生かす。
常に両面が求められている

――ドイツ、日本、そしてインドネシアなどさまざまな国で仕事をされてきました。これまでのビジネスキャリアで印象的だったことを教えてください。

私はこれまでに、バイエルで28年間にわたって部門や部署でさまざまな業務を担当し、いろいろな国で仕事をしてきました。その間、バイエルは大きく変化してきました。同時に自らの業務において、私のチームや私自身が、変化とは、常に課題だけでなく好機ももたらすものだと実感してきました。日本に来る前、私はドイツ・バイエル社の戦略本部長として、コベストロ社の分離やバイエルの組織改編、米国モンサント社の買収など、会社の大きな変化に関わってきました。私たちはこれからも、市場や顧客が目まぐるしく変化する中で新しい課題に直面するでしょう。しかし一方では、新たなチャンスにも遭遇し、それを生かしていくことが求められてもくるのです。私は、常にその両面があると思っています。

変革の時代を生きる
企業文化を育てたい

――日本のバイエルをどのようにリードしていきたいとお考えでしょうか。

ご存じのように日本は世界第3位の経済大国です。医薬品市場も同じく世界第3位であり、OTC医薬品(一般用医薬品)では世界第4位、農業関連事業においても世界第7位の市場を有しています。バイエルグループとしても、日本を戦略的に大変重要な国ととらえていることは改めて言うまでもありません。

日本のバイエルがどのような方向に向かっていくべきか、私の考えを少し説明させてください。バイエルの企業目的「Science for a better life」を実現するために、医療用医薬品部門では、今後注力する疾患領域において市場のリーダーとなるための戦略を策定しました。自分たちの強みに一層投資することでイノベーションを生み出し、卓越した結果を示すことができる治療分野に注力することで、患者さんやステークホルダーの皆さんに優れた価値を提供していきます。こうしたアプローチで、私たちは数年間にわたり連続成長する基盤を形成してきました。これは日本にも当てはまります。しかしながら、医薬品産業を取り巻く環境は大きく変化しており、今後さまざまな課題に直面することになるでしょう 。さらに、医療費の膨張は薬価抑制の状況を招いています。これらの課題を克服するために、2021年までに上市を目指しているジビイ(2018年日本承認済み)、ダロルタミド、molidustat、フィネレノン、ベルイシグアト、vilaprisanといったパイプラインがもつ可能性を最大化していかなければなりません。 ポートフォリオをさらに補完するために、医療用医薬品部門は新たなオプション(導入や他社との提携など)も検討しています。

コンシューマーヘルス部門では、グローバル戦略レビューの場で市場の可能性が再認識されました。持続可能な利益率を維持しつつ、全てのカテゴリー、全ての地域で成長しています。しかし、ここ数年は私たちにとって厳しいものでした。そのためグローバル戦略レビューでは、今後数年、勝算のあるカテゴリー、ブランド、地域に焦点を当てて、そこに資源を再配分する必要があることが示されました。日本では女性の健康に関する分野に注力するという明快な戦略を立て、すでにプレナタル* サプリメント「エレビット」と腟カンジダの再発治療薬「エンペシド**」のブランド構築に大きな成果を示しています。

クロップサイエンス部門では、モンサントの買収が成功裏に完了しDay1を祝ってから約1カ月がたちました。クロップサイエンス部門が目指すところは、生産者、消費者、そして地球のために画期的なイノベーションを通じて農業の未来を形成することにあり、私たちは、これを実現するために、世界中のあらゆる規模の農業生産者に利益をもたらす革新的な技術に投資しています。私たちは、持続可能性と社会的責任を重視しながら、顧客が少ない資源から、より多くを生産するための支援を行っています。日本では、殺線虫剤「ビーラム粒剤」など革新的な製品を軸に、市場の成長率を上回る成果を上げていくことに特に焦点を当てています。

動物用薬品事業部には、大きな可能性を備えた市場があります。獣医師、ペットオーナー、畜産農家といった顧客のニーズを的確に把握し応えるために、日本では今後も、寄生虫駆除薬、抗菌薬および機能性飼料・健康補助食品へ注力していきます。

このように、日本の私たちが進むべき方向は明確です。社内においては、環境、市場、顧客が急速に変化し、デジタル化が驚異的なスピードで進んでいる現在、オープンに議論する企業文化をより一層育むことが必要です。そうすることで、現状に挑戦し、機会を模索しつつ、さらに大きな成果を上げられるチームが構築できるはずです。

*妊娠準備期間および妊娠期間
**「エンペシドL」第一類医薬品 製造販売元:佐藤製薬株式会社

“I’m very delighted and honored to be Senior Bayer Representative for Japan”

―Several months have passed since you became Senior Bayer Representative for Japan. What are your impressions?

I’m very delighted and honored having been appointed by the Board of Management of Bayer AG as Senior Bayer Representative for Japan. The role of a Senior Bayer Representative is not unfamiliar to me as I had the opportunity to serve in this responsibility in Indonesia for three years starting in 2011. Meanwhile, I’ve met several colleagues from my days in Osaka, where I was assigned for three years starting in 2005. In addition, I have also spoken with employees from all divisions and the Country Platform; everyone has made me feel very welcome.

There is always a challenge and an opportunity in all we do

―You’ve worked in many countries, such as Germany, Japan, and Indonesia. What are some of the big memories of your career that really stand out?

During my 28 years with Bayer, I’ve worked in different divisions, functions and countries and witnessed Bayer undergoing significant change. In all my assignments my team and I realized that change always comes with challenges, but also with opportunities. Before coming to Japan, I was Head of Strategy for Bayer AG. That role allowed me to take part in some big company changes, such as the Covestro carve-out, New Bayer re-organization and the Monsanto acquisition. Looking ahead, we are all going to face new challenges as our markets and customers are changing rapidly. But at the same time we will find new opportunities and take advantage of them. I think that those two sides always exist in what we do.

Growing our culture in a time of change

―In what directions do you want to take Bayer in Japan?

As you know, Japan is the world’s third largest economy. It’s also the third largest pharmaceutical market. And, Japan ranks fourth in the OTC market, and seventh in crop protection market. So, Japan has strategic importance for the overall Bayer Group.

Let me take a minute to explain my view on what direction we need to go for Bayer in Japan. As you know, the Pharmaceuticals Division has outlined a strategy of Focused Leadership in key therapy areas to support our overall purpose of “Science for a better life.” In Pharmaceuticals, we fulfill this purpose by focusing on categories where we can win, investing in innovation, and executing with excellence, which will enable us to deliver superior value for patients and other stakeholders. Our approach has formed the basis for a series of tremendously successful years. This is also true for Japan. However, we will face diverse challenges brought about by the immense changes sweeping across the pharma industry’s landscape. In addition, rising healthcare costs may result in a tightening pricing environment. In managing these challenges, we will need to maximize the potential of our pipeline assets such as Jivi (approved in Japan this year), Darolutamide, Molidustat, Finerenone, Vericiguat, and Vilaprisan, just to name those that are scheduled to be launched by 2021. To further complement our own portfolio, Pharmaceuticals is also working on options for external deals (e.g., partnerships with other companies).

The global strategic review of our Consumer Health Division has reinforced the attractiveness of the consumer health market. We see growth in all categories and across all our geographies with sustainable profit margins. However, the last few years have been challenging for us. Our global strategic review showed the need to focus on the categories, brands and geographies where we can win in the coming years, and to focus our resources accordingly. In Japan, we have a clear local strategy, which is to focus on the Women’s Health segment, where the team has already made great progress in developing our brands Elevit, a prenatal supplement, and Empecid, a treatment for vaginal yeast infections.

About one month has passed since we successfully celebrated Day 1 within our Crop Science Division. Our purpose in Crop Science is to shape agriculture through breakthrough innovation for the benefit of farmers, consumers and our planet. To do so, we are investing in innovation that will benefit farms of all sizes, all over the world. We will help our customers to grow more with less and will do this with a strong emphasis on sustainability and social responsibility. In Japan, special attention will be given to further growing the business above market with innovative products, such as Velum. Our Animal Health business operates in a very attractive market. And we understand the needs of our customers – whether they are veterinarians, pet owners or farmers. For Japan, this means to continue to focus on parasiticide, anti-infective and nutrition products.

So, the direction we will go in Japan is clear. And as our environment, markets, and customers are rapidly changing and digitalization is moving forward with amazing speed, we need to foster a culture in our company in which we can openly discuss all relevant topics. This will help us to develop teams that can challenge the status quo, explore new opportunities, and achieve even greater accomplishments.

存在し続けるのは、変化のみである

――仕事をするうえでモットーにしていることは何でしょうか。

“The only thing that is constant in life is change.(人生で存在し続けるのは、変化のみである)”という言葉がモットーです。これまでを振り返ると、誰もが人生においてさまざまな変化があったことに気づくでしょう。例えば、以前はそろばんのような手動の計算機を使っていたものが、やがて電卓になり、今はスマートフォンを使うようになりました。また、以前は百科事典で調べていたことも、GoogleやWikipediaを使っています。世の中の変化は加速しています。変化こそ、私たちがこの世界に発展をもたらすことを可能にするのです。

困難を克服し、可能性を信じて未来を開いていきたい

――読者へのメッセージをお願いします。

バイエルの長期的な展望は、健康と食糧関連の分野においてイノベーション・リーダーの地位を保つというものです。私たちは今後のさまざまな世界の課題について、積極的に取り組んでいかなければなりません。課題の一つである社会の高齢化によって、質が高く、画期的な医療による解決策の需要が高まっていきます。また、2050年には、地球上の人口は現在からさらに22億人増えて、100億人に達するといわれています。全ての人々に十分な食糧供給が必要です。国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の「全ての人に健康と福祉を」「飢餓をゼロに」という目標が、バイエルの事業戦略とも結びついているのです。加えて、会社の利益を確保し、株主や従業員に対しても新しい価値を提供しつつ、私たちには企業市民として社会的、倫理的な責任を果たしていくことが求められています。

こうした私たちの事業を牽引するのが、バイエルの価値観「LIFE」です。「LIFE」とは、Leadership(リーダーシップ)、Integrity(誠実さ)、Flexibility(柔軟性)、Efficiency(効率)の頭文字で構成されるもので、全バイエル共通の価値観であり、社員全員の行動指針となるものです。

大きく変化する今の時代は、私たちにさまざまな課題を提起し、同時に好機ももたらしてくれるものだと言えます。たとえ厳しい状況にあろうとも自分たちの可能性を信じ、自信を持って、共に歩んでいきましょう。

The only thing that is constant is change

―What’s your motto for the way you work?

My motto is “The only thing that is constant in life is change.” Looking back on our lives we see that so many things have changed. For instance, many years ago people used slide rules to manually calculate numbers. These were replaced by electronic calculators, and today we use our smartphones to add up numbers. Years ago, we used encyclopedias. Today, we use Google and Wikipedia. Our world is changing with great speed. Change is what enables us to bring new positive advances to our world.

Open up the future by exploring opportunities

―Please give a message to our readers.

I’d like to say that our long-term vision is to remain an innovative leader in health and nutrition. This commitment requires us to proactively seek out solutions for the diverse challenges ahead of us. One such challenge is the aging population, which is driving up demand for quality innovative health solutions. In addition, the global population is expected to reach ten billion in 2050, almost 2.2. billion more than today. All people will need to be fed with quality food. The United Nations’ sustainable development goals include “good health and well-being” and “zero hunger.” These goals are tied to our business strategies. And we must address our social and ethical responsibilities as a corporate citizen, while also strengthening our earnings and creating value for our customers, shareholders, and employees.

Our business is driven by our values, namely, LIFE, which stands for Leadership, Integrity, Flexibility, and Efficiency. LIFE is a set of values shared across the entire Bayer organization, and it is a code of conduct for every employee.

This era of great change poses diverse challenges to us, but at the same time it brings us opportunities. So, even though the going will get tough, let’s believe in our potential and stride forward with confidence.

ハウスナー新代表の横顔 / Profile of Dr. Hausner

Q 日本で楽しみにしていることは何ですか?

A 私にとって日本は唯一無二の国です。安全で、あらゆるものが清潔で、組織だっている。日本で暮らす間に、人々の考え方も含めて日本をより深く理解したいと思っています。

Q 余暇はどのように過ごされていますか?

A まだ着任して間もないので余裕がありませんが、時間があれば少しずつ日本の各地を妻と訪ねたいと思っています。手始めに東京の公園巡りをしています。小石川後楽園や新宿御苑などに出向きましたが、いずれも素晴らしい公園でした。

Q 好きな日本食はありますか?

A 私は10代をイタリアで過ごしたのでイタリア料理が好きなのですが、日本の食文化は豊かで質が高いと感じています。世界でも最高レベルの料理を楽しむことができますね。好きな日本食もたくさんあります。夏はお寿司やお刺身。冬はしゃぶしゃぶや天ぷらがいいですね。正式な場では、日本の会席料理が一番です。

Q. What things do you plan to enjoy in Japan?

A. Japan is a very unique country from my point of view. It’s a very safe place, clean and everything is well-organized. While I’m here I want to better understand Japan, including the views and opinions of Japanese people.

Q. How do you spend your time off?

A. I don’t have much spare time since I’ve just gotten started, but when I do get the time I’d like to visit different places in Japan with my wife, step by step. We’ve already gotten a start by visiting some parks in Tokyo, such as Koishikawa Korakuen and Shinjuku Gyoen. All of them are very nice parks.

Q. What Japanese food do you like?

A. I lived in Italy when I was a teenager, so I like Italian food very much. However, I feel that Japanese cuisine is one of the best in the world in terms of quality and texture. You can enjoy some of the world’s finest dining here. I like many Japanese foods—sushi and sashimi in the summer, and shabu-shabu and tempura in the winter. And, when it comes to formal dining, kaiseki is the best.

Read more

PP-OTH-JP-0017-05-11